読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目に非常識なことを考える

実践したことを書いています。

勝ち組/負け組っていうけれど

西郷隆盛

先日、250ccのスクータMajestyで東京から鹿児島まで家出の旅に出た。
なぜ鹿児島かと言うと、単純にバイクで一番遠い県だと思ったから。深い意味は無かった。
九州に入り順調に高速を飛ばした。鹿児島に入る前にかなり険しい山々を越えて行った。


尾張、関ヶ原、美濃、山口、大牟田、大宰府、そんな地名を目にするたび、考えていたのはかつて馬、籠、飛脚、御伊勢参り、参勤交代、宿場町、関所なんかがあった時代、ほんと大変だっただろう。大名行列の時代遠くの場所から来ていた領主の出費は相当だっただろう。
先人の努力に感謝していた。(現代では道路を整え、ガソリンを流通させ、バイクを造り、メシも宿も困らない)


さて鹿児島だがこの山々を越えて、西郷隆盛は長州、京都、江戸に何度も行ったと思うとたいした人物なんだなあと上野の森に銅像がある理由を知りたくなった。
当初「桜島を一周する」というのを目標にしていたが、鹿児島、そして西郷どんについて知りたくなった。
市内についたら西郷さんゆかりの地を幾つか訪ねてみた。
泊まったホテルで西郷さんのあれこれを書いた冊子があったので3時間読みふけってしまった。

国のため、人のため、日本国民が正しく生きられるために、また日本の子孫達が確実に幸せになるために魂を削った先人の思いに現代の俺らは応えているだろうか。


「勝ち負け」って表現はゲーム感覚だ。ばれなきゃいいという考えが間違っていないと勘違いしてしまうのも当然の流れだろうと思う。ギャンブルと同じで不正行為はばれなきゃいいし、皆が皆ルールを間違って認識していれば正しくルールを把握している誰かに指摘してもらうまで判りようが無い。(熟語の間違いやスペルミスを先生、生徒誰も気が付かないそんな感覚。)ハートがこもっていない。
職業を生きがいとか使命、世の中のためと考えて打ち込んでいる人にとって勝ち負けは無いと思う。
この表現に違和感を感じていた。

マスコミはこの表現は責任を感じるべき。もう止めるべきだ。人の思いを焦らしたり、あおったりしてはいけない。
(競争を否定している訳ではない。収入や勘違いしたステータスに偏った価値をつけるのは良くない)



誰かのために生きる。これが尊い生き方なんじゃあないか。
日本の美徳を大切にせなあかん。