読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目に非常識なことを考える

実践したことを書いています。

自分の仕事やってることを説明できない-自賠責保険解約で怒る

先々週バイクを売った。引き取り業者から書類が届いたので自賠責保険を解約しようとし、三井住友海上に電話した。
「お近くの窓口で手続きして下さい」と案内され電話番号を教えてくれた。
三鷹の事務所に電話し、必要な書類等を聞いた。
軽自動車届出証済証返納済確認書と自動車賠償責任保険証領収証、印鑑、銀行口座とのこと。
引き取り業者から届いたのは「軽自動車届出証済証返納済確認書のコピー」なのでその旨伝えると「コピーの場合は郵送で送ってくれ」と言われた。


窓口に行っても、郵送で送っても保険屋に残るのはいずれにせよコピー書類になる。
本物でないと窓口で即日手続きができないのはおかしいと思った。


ややこしくして、無駄な仕事を増やすか、面倒くさくして解約させないようにしてるのか。
郵送にしたら紛失するかもしれないし日数もかかる。さらに流れを聞くと実際郵便物を2往復することになり、不備があるとさらにやり取りが増える。
なぜ郵送にしないといけないのか理由を求めたら、「そういうフローになってますので。」
上に代わってもらい社員らしき人に説明を求めたが、「理由は判らないが、そういう手続きすることになっていますので。。。」



オイオイ自分の言ってることをちゃんと理解せずに仕事をしてるのかい。
最近はガキでも「何で」って聞くぜと思いつつ
「郵送にするにせよ結局そちらに揃うのは全く同じ書類じゃないか。私は一発で手続きを済ませたい。だから本社に理由を聞いてくれ。」と冷静に強めに言う。
「わかりました。郵送にするワケを確認いたします」声の感じから、「俺も知らなかった。この際聞いておこう」そういう姿勢が感じられた。面倒くさそうな口調ではなく少し積極性を感じた。


しばらくしたら折り返し連絡があった。
理由は「コピーだと不鮮明で手続きが進められないことがあるから」
ためらいがちにそう言った。
だったらそれこそ書類を持参してコピーの鮮明度を確認してもらったほうがいいじゃないの?
と思っていたら、「今回だけは特別で窓口で解約を受け付けます。」
上司に言われたとおり案内してるんだろう。この担当者、この手続きの理不尽さに気づいたのがわかった。


やれやれ、この会社は誰もユーザの視点でサービスするって考えは無いのかね。


窓口に行って解約書類を作成した。保険の発生日は1週間後の6月22日なのに全額戻ってこなかった。
保険が有効になっていないのにどうして5000円もの解約手数料または差額が発生するのかまたまた理由を聞いたら、「計算でこの金額が出ましたので。」
「間違いじゃないですかねえまだ保険期間始まってないんですよ。
パーセンテージも18990円払って14020円しか戻ってこないって30%引かれるなんて桁が違わないですか?」契約書にもそういう注意書きはなかった。
旅やホテルの予約だって2週間前キャンセルだったら全額戻ってくる。
しばらく待たされて、エクセルの表を持ってきた、「やはり数字は間違っていないですね。差額は販売店の契約手数料などになっていて引かれているそうです。」


ふーん


最近見積もり取った任意保険で三井ダイレクトが約4000円も安いの理由がわかった。アグサも同様ネット系保険はさらにロードサービスも付いて競争力をつけている。
バイク屋は手続き代行手数料でも利益を得てるんだねえ。
しかし書類作成だけで4000〜5000円ですか(実際の明細はわからないが)小賢しい。
このカラクリに気が付いた以上もうネット保険以外は使わない。


役人上がりの天下り人員が考えそうなやりかただね。
紙切れ一枚作成5000円の代行業。
最近問題になっている社会保険やら税金がらみの話も同様なんだろう。
自分の金じゃないと思って、立場を利用して好きにやってるのかも。
自分のも他人のも、お金は大事にしようよ。


今回、自賠責解約できることなど一通り教えてくれたのは、処分を薦めたバイク屋ではなく、引き取り業者だった。
これも信頼してたバイク屋だっただけにがっかりした。


All About [自動車保険]
All About [自動車保険]