読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目に非常識なことを考える

実践したことを書いています。

横浜開港150周年 を安全に運営する 

m.tsudoi.jp

4月28日横浜では下記のイベント、開国博Y150など があります。http://tsudoi.jp > 4月28日を選択! 携帯板は当日の分しか表示されないので、当日現地に行って近いとこを複数回るのにつかってください。

横浜みなと博物館オープン
上村 松園・松篁・淳之 三代展:タカシマヤ
よこはま花と緑のスプリングフェア
こいのぼりストリート:イセザキ・モール
金氏徹平:溶け出す都市、空白の森
[入場無料] 開国開港の街:赤レンガ会場
[有料] 未来シアター「BATON」:トゥモローパーク
[有料] ENEOS ラ・マシンはじまりの森
[有料] アースバルーン「HOME」:トゥモローパーク
[有料] 黒船レストラン:はじまりの森 
[有料] ENEOS 未来のエネルギー館:はじまりの森
[有料] 横浜ものがたり:はじまりの森
[有料] コトバパーク:ZONE4
[有料] スーパーハイビジョンシアタ−:ZONE2
[有料] PIVO LAB.(ピボ・ラボ):ZONE3

TSUDOI.JPは表面的には、今日、この近所で何があるを簡単に見つける/知らしめるサービスとしていますが、この辺で災害が発生したというのを周りの人にすぐ知らせ助け合ったり、避難場所を案内したり安全になった後の風評被害を抑える、減災を目的につくりました。

どの自治体でもマチマチで災害対策やっていますが、TSUDOIでは日本全国どこでも、同じ方法、同じURLで災害状況を携帯、パソコンで市民にしらしめることができるので 実用的です。どこに避難すればいいのか、どこで災害が発生したのか、住所ではなく地図上で示すことができ、自分の位置からおおよそどれくらい離れている、市境、県境関係なく近くか遠くなのかすぐ判断できるので危険回避の判断が容易にできます。

巨大クモが練り歩くプレイベントに4/19(日)1日で50万人、17〜19日の3日間で約62万人 集まったそうです。50万人!ってサッカー場が5万人(席)の10倍は尋常じゃない。

入間の航空際に 20万人集まった時、家族らを安全に電車に乗せるまで、久々に怖さを感じた。ホント携帯はつながらないわ、喧嘩が始まるわで、自衛隊基地の中でも人が集まりすぎると統制不可能。

明石の陸橋事故や東京ビッグサイトのエスカレータ事故のようになる可能性の場所が数カ所あるのが気がかり(災害統制の職場にいたのでこういうことは気になる)なので横浜市にTSUDOI.JPを提言した。

消化器を多くの人が使いこなせないのは、普段使っていないから。TSUDOI.JPは普段は地域交流、観光客のために簡単につかえます。(閲覧も情報登録も) そして最も利用して戴きたいのは災害時。現場のニーズ、ICTの徹底利用法を考えぬき、そして人々の意見を聞いて完成させた仕組みです。

安心の日常を市民に過ごしてもらうためにも日本中、TSUDOI.JPを使ってください!私、松本が責任とりますので。

TSUDOI.JPのサイトマップ <つかいかたとかみてみてみて

やっぱね、社会制度のしくみが複雑になり、技術の進歩に追いつけない人を知らないアンタが悪いとか、今更パソコンや携帯つかえないの? って冷たすぎるんだよね。(甘え過ぎもいるけど)

自分の家族が見捨てられたり、老人で近所の情報が得られなかったから避難できなかったとか、自分をかわいがってくれたじいさんばあさんが布団の上で死ねなかったってことになったらずっと苦しいと思う。
ってことでできるだけみんなでつかえる簡単ユビキタスです。携帯板は,こちらにアクセスしてドコモかauで「台場」または「横浜」「みなとみらい」のキーワードで検索か、そこらへんの現地に行って「現在地を送信」してお試しください。

プレスリリースは下記なので、地域サイトの人や自治体の人や街の有力者の人など導入よろしくお願いします。
つどいプロジェクト、「集-TSUDOI.JP」にて自治体らのテスト導入団体を募集
儲かりすぎたら必ず還元します。